ホーム

教室のご案内

ご利用の流れ・料金

1日の流れ

サービス内容

アクセス

ST便り-言葉の誕生3

未分類
11 /20 2020
こんにちは!

幸区・中原区の児童発達支援・放課後等デイサービスのこぱんはうす さくら 新川崎教室です。

いつもご訪問ありがとうございます。


今回は長谷川先生のST便り-言葉の誕生-の第三回になります!


それでは長谷川先生よろしくお願いします!



《微笑》の共有


赤ちゃんは、この世に無力な存在として誕生し、周囲の助けを借りなければ生存していくことが出来ません。


新生児が、まどろみなどの生理的欲求が満たされた“快状態”のときに『自発的微笑』が発生し、その後人の顔など外部の対象によって引き起こされる『誘発的微笑』が続き、さらに人の方も微笑みながら赤ちゃんの微笑みに合わせてうなずいたり声掛けをすると、赤ちゃんの微笑みは一層増加を示します。


こうした人間の顔に対する微笑みは、3ヶ月頃にその頂点に達し、『3ヶ月微笑』とも呼ばれています。


微笑みはモノよりも人に対して選択的に生じ、乳児が早期に人全体を「心地よいもの」、「快感情を引き起こすもの」として認識することは、その後の発達の基盤としてきわめて重要な意味を持ちます。


なぜなら人間全般に対する肯定的な信頼感があってこそ、乳児は人との関わりの中でさまざまな知識や技能、社会的態度などを形成していくからです。



長谷川先生ありがとうございました!



本日もお読みいただき、ありがとうございました♪♪

>>見学はコチラ
———————————————————-
♪幸区・中原区の児童発達支援・放課後等デイサービス・療育♪
こぱんはうすさくら新川崎教室
電話番号:044-280-6445
住所:神奈川県川崎市幸区下平間113しらゆきビル2階
営業時間:平日/ 9:00〜19:00
土日祝/ 9:00〜17:00
———————————————————-
ホームページはこちら
Facebookはこちら
Twitterはこちら
アメブロはこちら
LINEはこちら
———————————————————-



🎃はっぴーはろうぃん🎃

未分類
11 /12 2020
こんにちは!

幸区・中原区の児童発達支援・放課後等デイサービスのこぱんはうす さくら 新川崎教室です。

いつもご訪問ありがとうございます。




10月31日は、ハロウィンでしたね✨

10月25日から約1週間、ハロウィン週間として、たくさんのハロウィンイベントを行いました🎃


まずは!
ハロウィンといえば、、、

お菓子をもらわなくちゃ🍭✨




みんな、『とりっく おあ とりーと』 ってことば
知ってるかなー!?!?




ということで、
ハロウィンの絵本をみんなで読みました!

a_20201112114138916.jpg


それでは、みんなで言ってみよう!


🧒👦「とりっく おあ とりーと!!!」
 "お菓子をくれないといたずらしちゃうよ〜"



とっても上手👏✨






今度は、ひとりで先生やみんなに向かって大きな声で言ってみよう!

🧒👦「とりっく おあ とりーと!!!」

b_202011121141329c5.jpg




とっても上手〜😍✨





でも、みんなから
いたずらされちゃうと大変😂


もちろんお菓子をあげました😆💕







そのあとは、かぼちゃ探しゲーム🎃!!!



お部屋にかぼちゃが隠れています!
見つけたら箱の中に持ってきてね✨



見つけられるかな〜???

c_202011121141332c5.jpg




みんな、教室の中をたくさん探して、
ばっちり持ってきてくれました🎃






そのほかにも、

仮装をしておさんぽへ行ったり、、、👻✨


d_2020111211413571c.jpg

e_20201112114136668.jpg



また、
近隣のお店の方にもご協力して頂きました!
ありがとうございます🙇‍♀️

f_20201112114144162.jpg


🧒👦「とりっく おあ とりーと!!!」



元気に言うことができました😍






最後には、

あれ!いつものお部屋を開けると???


g_2020111211414536b.jpg



迷路になってるー!!!!!!


さぁ!頑張ってかぼちゃを探すよー🎃✨



h_202011121141478c5.jpg







ちなみに、上から見ると、
このような感じになっています😎✨



i_2020111211413911d.jpg





さぁ!
みんな見つけられたかなー😆!?


j_20201112114141281.jpg



ちょっぴりドキドキしたけど、
楽しかったね😊✨




もりだくさんなハロウィンイベント🎃でした✨




本日もお読みいただき、ありがとうございました♪♪

>>見学はコチラ
———————————————————-
♪幸区・中原区の児童発達支援・放課後等デイサービス・療育♪
こぱんはうすさくら新川崎教室
電話番号:044-280-6445
住所:神奈川県川崎市幸区下平間113しらゆきビル2階
営業時間:平日/ 9:00〜19:00
土日祝/ 9:00〜17:00
———————————————————-
ホームページはこちら
Facebookはこちら
Twitterはこちら
アメブロはこちら
LINEはこちら
———————————————————-


ST便り - 言葉の誕生3

未分類
11 /05 2020
こんにちは!

幸区・中原区の児童発達支援・放課後等デイサービスのこぱんはうす さくら 新川崎教室です。

いつもご訪問ありがとうございます。


今回は長谷川先生のST便り-言葉の誕生-の第三回になります!


それでは長谷川先生よろしくお願いします!



『人への関心〔情動的交流〕』



乳児が空腹や痛みを訴える泣き声は他者を動かし、母親はその苦痛の原因を取り除いてくれます。また反対に母親に心配事があれば、その不安は子どもにも伝わります。


このような【情動的共生】は、後の自我や人格発達の基盤を作ってゆくことになります。


「コミュニケーション」という語の意味は、伝達,交信,交通,など、さまざまな解釈がなされていますが、私には《相互交渉過程》という訳語が一番ふさわしいように思われます。


この訳の中では、《相互》という概念が重要で、つまり大人側から子どもに、または子どもから大人に、一方的に届けられることばは、厳密な意味から判断すると、コミュニケーションの定義から外れるということです。


AがBに語りかけ、それに対してBがAに返答する。さらにAがBに応じるという、双方向のやりとりが繰り返されてこそ、本当の意味でのコミュニケーションが成立するのではないでしょうか。


ことばは人々との交わりの中から生み出され、さらにはその関わり方を発展させていく手段なのです。



長谷川先生ありがとうございました!



本日もお読みいただき、ありがとうございました♪♪

>>見学はコチラ
———————————————————-
♪幸区・中原区の児童発達支援・放課後等デイサービス・療育♪
こぱんはうすさくら新川崎教室
電話番号:044-280-6445
住所:神奈川県川崎市幸区下平間113しらゆきビル2階
営業時間:平日/ 9:00〜19:00
土日祝/ 9:00〜17:00
———————————————————-
ホームページはこちら
Facebookはこちら
Twitterはこちら
アメブロはこちら
LINEはこちら
———————————————————-